キャンプを終えて

二泊三日のキャンプから、帰ってきました👏

途中、スタッフも含め体調不良者が出たりもあったものの、大きな事故・怪我なく無事に帰ってこれたこと、大変ありがたかったです🙇‍♀️

こどもたちも、楽しかったと言ってくれて、良い経験が出来たのではないでしょうか。

この三日間、スタッフの大人の人たちの責任感というものに圧倒され続けでした。

朝から晩までのプログラム進行や食材・資材の準備、こどもたちより早く起きるのはもちろんのこと、消灯後に大人だけでの実行委員会、そして二時間ごとの夜の見守り。

三日間、寝る間もおしんでほぼほぼ動きっぱなしになります。

しかも、それらは全部自分のためではなく、参加する子供たちのため。

こうしてリーダーたちの願いや働きがあるからこそのキャンプになるのだと、改めて凄いなぁ、と思わされました。

私も子供のことのキャンプは、訓練キャンプで怒られたり、大変だったりもしましたが、

キャンプファイヤーがあったり、趣向をこらしたプログラムがあったりして、楽しかった思い出があります。

パトロールシステム(役割を決めて班のみんなで協力して動く)で学んだことも、今に生かされているような気がしています。

今回参加してくれた子供たちも、そうやってキャンプの経験がこれからの人生の糧になっていってほしいと願っています👏

ガールスカウトの活動はこちらから

前の記事

大きなものにふれる

次の記事

神様を心の中心に