久々の難波教会参拝

今日は、本当に久々に大阪へ。

修行させていただいていた金光教難波教会の初代教会長&奥様の月のお祭りの祭員の御用に行かせていただきました👏

大阪のコロナの感染者数と数日前からにらめっこして、1,000人きるかどうかになってきたのでさすがにもう行かせていただきたい!と願わせていただいておりました😊

オンラインの会議ではお会いするけれど、対面では本当に久しぶりの先生方や、難波教会のご信者さん方にお会いできて、こうして一緒にお祭りを仕えさせていただけることが、とてもありがたいなあと感じさせていただきました。

本日の祭典後のお話の講師は、金光教綾部教会の、八木先生。

金光教の信心は、心を神様に向けさえすれば、いつでも、どこでもできる。

だからこそ、このお道の信心は楽だ。仕事をしながらでも、布団に入りながらでもできる。難波教会初代教会長である藤守先生が、それをズボラ信心として、このお道はズボラ信心でもできるものだとおっしゃってくださっていたから、私は信心をしてくることができた。

そう笑顔でおっしゃられる先生の一言一言からは、とても金光教教祖を、藤守先生を、金光教を大切にしてこられていることが伝わってきて、今日、このお話が聴けて本当に良かった。

神様が引き合わせてくださったのだなあと感じさせていただきました👏

夜には、地域の自主防災会の総会があったので本当に2時間ちょっとの大阪滞在でしたが、心に潤いをいただいたありがたい時間となりました👏

もう明後日には、佐古教会は上半期感謝祭!!

半年間のお礼を神様に心から申し上げられるよう、頑張っていきたいと思います!

前の記事

部屋のあれは心のあれ

次の記事

うまくいかない日