お誕生日じゃない日の歌

ディズニーの映画って、ミュージカルの要素があって、見ていてとても楽しいですよね😄

大人になっても、ディズニー作品はやっぱり面白くて、好んで観ています。

数あるディズニー作品の中でも、よく子どもの頃観ていたのは、ダンボと不思議の国のアリスの2作品です🥰

(といっても、家にあったビデオがたまたま、この2作品だったということなのですが)

この2作品はどちらも、何とも言い難いせつなさや理解しがたい不思議さ?不気味さ?というのがあって、楽しさだけでなく、毎回ぐにゃっと気持ちが揺さぶられます🤣

子供のころから何十回と繰り返し観てきたので、映画の中で流れている歌を、気が付けばよく口ずさんでしまっていたりもします。

その中の一つが、「お誕生日じゃない日の歌」です😄

この題名だけじゃ、どんな歌だっけ?と思い出せない人も多いかもしれませんが、

「何でもない日ばんざい♪」という歌詞で「ああ、これね!」と思い出す人もいるのではないでしょうか?

今はYouTubeでもすぐに聞けますので、気になる方は調べてみてくださいね✨

なんでこの話がでてきたのかというと、

夕方、夫婦で散歩兼お買い物から帰っている途中、またいつの間にか口ずさんでいて、

「何でもない日ばんざい!僕の?誰の?僕の?君の」

なんて歌っていたら(もちろん小声で)

この歌詞って、すごくいいよなぁって改めて思ったんです(笑)

お誕生日の日や、結婚記念日など、何かの記念日の時は私たちはお祝いしたり、自然と嬉しくなったり、有難い気持ちがでてくるのだけれど、

それ以外の普段の日で「ばんざい!」とか、「おめでとう!」みたいな気持ちになることって、よっぽど良いことがあった時ぐらいしかないですよね。

でも本当は、今日もいのちがあって、おかげの中で生かされて、何でもない毎日こそが、かけがえのないものなんだと思います。

「当たり前のことが、本当は有るのが難しい。つまり『有難い』ということ。」

これは私が金光教の信心をする中で教えてもらった言葉です。

良いことがあるから「ばんざい!」ではなく、いつもが「ばんざい!」だし「おめでとう!」なんだということを、

この歌を口ずさめば思い出させていただけます(笑)

お互いに、今日もおめでとうございます🥰

そう心から言える信心をさせていただきたいな、と感じています🙏

前の記事

不妊治療の中で

次の記事

気掛かりを気遣いをもって